別側面での言い換え

▼▼人の好みは千差万別だ。ある物事について、好きな人もいれば嫌いな人もいる。というふうに二つの文章を並べた時なんかに、二文目は不要では? 同じことを言ってるだけじゃん、あたりは、思いがちだったりする。でも、一側面で語るよりは二側面で語ったほうが、理解や納得に繋がりやすくなる──人によってぴんときやすくなる、ということがあることも、今はわかる。いくつもの「言い換え」を駆使しながら説明を進めてゆくことが、説明というものの「よさ」に、繋がりやすい、とは思うようになっている。二つのほぼ同じ意味の文章が見せる微妙なズレが話題の繊細なところを見せてくれたりもするだろう、という期待もあったりする。二つ目の文章が、一つ目の文章の、拡がりというか、可能性を、うまく、美しく、制御してくれているような場面も、多々見かける。