十全・完全(万全は?)

▼▼十全っていう言葉は「ぼくから見てオールオッケーなら使える」言葉だという印象があって、完全って言葉は「誰が見たとしても(神様が見たとしても)オールオッケーならば使える」言葉の印象だ、って思った。十全は人の視点の言葉と言えて、完全は神の視点の言葉と言えそうだとも思った。主観視点の全きと客観視点の全き、という言いかたも思い浮かんだ。
▼▼なんてふうに考えているうちに、完全という言葉は、なんというか、「完成形」「理想形」「ゴール」といったものが見えている時に(見えると感じられている時に)、使用が可能になる言葉、なんじゃないかなー、というふうにも思えてきた。こちらの切り口のほうが合致してくれそうな気もしてきた。▼▼見通しがよい時──見通しがよいという感覚が味わいやすい物事と対面している時、に、使おう、っていう判断が出やすくなってそうだなあ、という想像であった。▼▼現在見つめている道の向こうにある達成感や満足感が想像できたり獲得できたりしていれば、使える、使いやすくなる、といった言いかたなんかもできそうだ。
▼▼結末の景色が見える。ゴールにまつわる達成条件と満足感が思い浮かべられる。ということがつまり、神の視点、ってことなんじゃないかなー、という結びつきも思った。

dictionary.goo.ne.jp

dictionary.goo.ne.jp

dictionary.goo.ne.jp