読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あってもよい、ので、聞きます

▼▼多少無謀っぽいところもあって話しづらそうな、理想像(どうしたって「こうあって欲しい」と思ってしまう、世界像)の話を、派手に肯定や賞賛するでもなく、しかし否定はまるでなく、とはいえ聞かせてもらえたらという興味はあって、素直に、淡々と、ただ聞く(聞かせてもらえる、あるいは、聞いてもらえる)っていうのが、だいぶ好きな情景かな、と思った。ぼんやりそんなふうに思っているところはある。
▼▼社会や一般や常識が肯定的な扱わなさそうな、理想/欲望、なんかも、淡々と聞けたらよい、というのも思うところがあって、なんかこう、あってはならない、という存在自体の否定があんまり好きじゃないせい、というのがあるんだろうな。いかなる気持ちも別に「あるのはよい」じゃん、という感覚だ。で、あってもよい、ということを示す行動というか、あってもよいということを意味する行動、として、それをただ聞く、聞いてもらえる瞬間がある、ということを、世界に求めているところが、ある気がする。


▼▼日記、ブログ、といったものに関する「好み」も、ここの影響を受けている。


▼▼まあまあ昨日の日記の続きになっているかとは思う。続きというかとりまとめかな。
meltylove.hatenadiary.com