別に、新しいものだけじゃなくて、新しいっぽく加工できてれば好き

▼▼新しい切り口を思いついて言葉で書き残すのが好きだ、気持ちよい、というような認識が、じぶんの中にはある。頭の中で呟いたりすることも多い。
▼▼しかし実際は、それほど新しくない(ただまあ、使い古されてもいないかな、くらいの)切り口あっても、楽しめてたり気持ちよくなれていたりする。好んでいる。
▼▼言葉の選びかた、発想を置く順番、一緒に並べる例や余談、あたりを工夫してみせることにより、新しさ──新鮮味、に類似した味つけに調味することもできる、からだ。ということを経験則として理解できている。
▼▼なので、結局アンタは最終的に新鮮味に近い風味に加工出来てりゃなんだってもいいんでしょ……、ってツッコミたくもなるのだった。実際毎回ツッコんでいる。コンビが結成されている。