基本的に頭を使うほうの選択肢を優先する(信奉する)

▼▼動向をうまくシミュレートできていなくて、こういう状況になることを想定できていなかった、というおかげで逆に、気にせず推進することができてしまった、という経験が増えてきて、あんまり細かく丁寧に未来を想像しようとしないほうがよいのでは、っていう気持ちが出てくることも、多少、増えてきた。ケースバイケースだ、場合による、ということを見つめ直して、いやいや、と考えるようにはしていたりもする。極限まで考えるほうが好き、というか、極限まで考えるほうが素敵である、って決めつけたがっているところはある。
▼▼頭を使うほうが使わないほうよりよいじゃん、っていう信仰が根っこのほうにあるため、実はこういう時は頭を使わないほうがむしろよいのでは? って思えてきそうな経験則が、出来てきたりしたとしても、アンチというかカウンターというか、苦言、を、ぶつけておかねばなー、って思っているところは、あるかと思った。脊髄反射や無意識が「受け容れ難いぞ」って言ってしまっているのは判る。