あなたの言葉で"も"言ってみて

▼▼じぶんが懸命に排出した文章を読んでもらって、こういうことかー、って言及してもらうのって、思ってたよりかなり有益なのでは、って強烈に思った。初めて痛感した、と誇張気味に言うことすらできそうな驚きと気持ちよさがあった。
▼▼じぶんではない人間に文章を読んでもらって、問題意識を共有してもらい、じぶんとは異なる言語感覚により再定義してもらうことで、理解の、厚みやら深みやらが増したりしてくれる。▼▼っていうような状況がありうることは知ってたんだけど──経験も多少はあったはずなのだけど、まじか……! ほかのひとにほかの言葉で語ってもらうだけで刺さりかたこんなに変わるのか……! と思わず二度見してしまえるほどの──誇張的な言い回しで「初めて」とか言ってしまえるほどの、眼差しの変質を、少し前に味わった瞬間があって、いやこれ記録しておかないと、って思ってしまったのだった。
▼▼まあつまるところ、はてなブックマークのコメント欄で「じぶんの言葉で言い直してみせる」って試みをしてるのは、素敵だ、って思い直せた話なのであった。実感や見識や経験則が拡がって、やってみたい、って気分がだいぶ出てきた。