読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドン四日目にして、荘厳華麗なるウエストミンスターアベイ

活動記

f:id:meltylove:20160613232804j:plain
f:id:meltylove:20160613232914j:plain
▼▼最終日だ。離陸の19時までは歩いた。ビッグベンを横目にウエストミンスター寺院の前の行列に並ぶ。時期によっては非常に長く待たされることもあるようだけど、今はささやかな行列で済んでいた。▼▼荘厳華麗、という言葉がこれほど似合う情景があるとは……、と、感嘆した。感嘆、って言葉も普段は使わないのだけど、ほんとうに「感嘆」が似合う気持ちと挙動だった。溜め息がもれる。ここまで荘厳な建築物を見せられると、宗教的な意識というものが如何に人の動きに影響を与えるのか、ということを改めてシミュレートさせられる。