脳と躰のギリギリ快感(あとニンテンドースイッチを予約した)

f:id:meltylove:20170123163332j:plain


▼▼新作ゲーム『ガンダムバーサス』の販促用プレイ動画を見ながら(遊んだことはシリーズ通してあんまりないのだけど)、こんな速いゲーム操作に反応順応できるもんなのかなー、なんて改めて思ったりもしつつ、けどアクションゲームをやってる時の「情報処理能力と反射神経を限界ギリギリのところで振り絞っている感じ」って、ほんと気持ちよかったりするんだよなー、ってことを思い出したりもした。相も変わらず遊んでいる「スプラトゥーン」でも同様のことを思っている。
▼▼スプラトゥーンと言えば、任天堂の新製品「スイッチ」の、今日が予約開始日で、起床直後にツイッターを眺めていたら、「まだヨドバシカメラで予約できる」という情報を見かけたので、予約してみせんと頑張った。『スプラトゥーン2』を買うのは確定だと認識しているので、いつ本体買っておいても同じだろ、という判断によるものであった(しかし発売日に一緒に買うタイトルには迷っているところなので、結局慌てて買わなくてもよいのではないか……、とも思ったけれど)。いずれ買うものなので即座に買っても同じだ、同じことをするなら早くてもよいだろう(早いほうがむしろよい)、というような判断を、わりとよく思ってしまうほうなのだけど、いやいや一緒じゃないからね、とも、最近は思う(思えるよう気をつけているところがある)。我慢というか延期というか、そういう決断を行なうために使う「感覚」が、余波として、いろいろなところに影響を与えている気がするからだ。ステータスを変動させているところがある気がする。のだ。
▼▼情報処理能力と反射神経をギリギリまで使ってみせることの気持ちよさ、と言えば、非常に難解な本をじっくりしっかり丁寧に言葉を追いながら読んでいるような時に、ゾクゾクする快感、が発生することがあるのだけど、それと似てるんじゃないかなー、というか、対比的に考えると面白そう、というか、同じと言えるところがあるのかな? というようなことを思った。合わせて、ボードゲームやってる時の快楽、快感、とも、比較したいところがあるな、って思った。


www.youtube.com