パソコンが起動しなくなった

▼▼時期的にWindowsのアップデートの余波だったのではないかなー、と想像しているのだけど、それすら実際は定かではないまま、突然パソコンが起動しなくなってしまい、睡眠時間が足りなくなるくらい(うーん今度はこれをやってみようか、という思いつきを我慢できなくて起きてしまう)の日々がここ最近であった。まあでも普段からパソコンにどっぷり浸かりすぎなのでよい機会だろう、こんなときこそほかのことをしよう、ほかのことで遊んでしまおう、パソコンがないと日々がつまらなくなるなんて望んでないのだ……! というような言葉群を慰めにしたりもしつつ、数日を過ごした。ことあるごとに「Windows10 修復 やりかた」「起動しない 白い丸 くるくる」なんかを検索しながら過ごしていた。しかしトラブルを回線を通して開示している人々にはほんとうに頭が下がる。今のようにいろいろ書いてくれているものがなかったら、この人生で起こったトラブルの何割かは、まったく解決できぬままに終わっていただろう。解決できてしまったせいで修理に出したりとかお客様センターに電話してみたりとかのスキルがぜんぜん育っていないけれど、まあそれも一興だ(なんだって一興だ)。
▼▼Windows10の安定性……!と憤りながらいろいろ試した。マイクロソフトの公式サイトで「回復ドライブ」を作成するためのファイルをダウンロードし、USBメモリやSDカードで「回復ドライブ」を作成。これによって起動させて、やった! 修復できたぞ! ってなったあと、すぐさままたシャットダウン! シャットダウン! 的な嫌がらせを受けつつも(二回ブラックアウトされた)、何回か同じ修復行為を繰り返し続けたら、まあ、なんとかなった。今はなんとかなっている。なんとかなったようだ。またそのうち唐突に画面が消えてしまいそうで、今は恐る恐るだ。定期的なアップデートの影響でなぜか突然起動しなくなった、ヒドイ! 的な話は、けっこう頻繁に見かける。似たようなものを喰らったこともあったのだけど、再起動の繰り返しをしてみても対応できなくなるケースはたぶん初めてだった。ちょっとマジ勘弁してくれ、とは思った。流石に、なんもしてないのにこれはヒドイ、と思った。Windows10には過去のバージョンにあった「リカバリーディスク」というようなものがないこと、回復ディスクを作成するのを忘れていても公式サイトでダウンロードできること、を、今回学んだ。