三つ生んで、一つ生き残らせて、生存競争を生き抜いた文だけで、文章を構成する

▼▼完璧なアイデアが神懸かり的に降りてくるのを待ってるよりは、とにかく頭と手を動かして百個アイデアを出して、ブラッシュアップなりなんなりしていったほうがよい、という行動指針がある。絶対的なよさを待ってるよりは相対的なよさを積み上げていったほうがよい、というような情景と言えるだろう。
▼▼っていう思想からの連想で、よい文章/うまい文章/理想的な文章、が、運よく降臨してくれるのを、静かに待っているよりは、下手でも駄目でもよいから、とにかく書きまくって、削っていったほうがよい、というやりかたについて考え始めて、そこから、うーん、とりあえず、今から書こうと思ってる一文について、三つほど、書いてみて、書いた三つの中から、一つ、最もよいと思えるものを、選ぶ、というやりかたで文章を築いていく、っていうのはどうだろう、なんてことを思ったりした。
▼▼三つ選択肢の中から常に最もよいものが選ばれている。といった「相対的なよさ」の積み重ねによって、けっこうなところにある「素晴らしさ」に近づけたりするんじゃないか、という閃きであった。▼▼物差しも素材も漠然とした状態のまま、短絡的に、「よいもの」が出来上がってくれるのをただ待っているよりは、余程、建設的で、余程、可能性があるんではないかなー、と思ったのであった。▼▼少なくとも訓練としてはよさそうに思えた。