二回言葉にしても、ぜんぜん敵わない

▼▼拙くても、混乱気味でも、無理矢理に書き切ってみせてから、ぜんぶ破棄し、再び記述を始める、っていう攻めかたによって、多少は混乱から脱せる──前に進める──推敲的な認識を挟みつつ少しはよいものが書き残せる、なんていう、楽観風味の経験則があるのだけど、実際はまあ、時々敗北する。するなあ、ってびっくりした。
▼▼行きつ戻りつ、ぐちゃぐちゃ書いて、ああもう……! なんて思いつつ、いちおうは落ちをつけてみせから、途中途中の流れがだいぶ意味不明な文章になったねえ……、とか後悔して反省して判断して、ぜんぶ消し、いやまあでも多少は掌握もできたか……、とも思いつつ、改めて書き直してみたら、あれまたおんなじ混乱出てきた……! ってなったのだった。▼▼記述二周目に突入したのにぜんぜん前に進めてない、という状況、意外と珍しくて、驚いた。想像より強敵だった。