法整備前欲望誕生(結局あんまり関係ないかも)

▼▼欲望に「悪」という判定が下されている情景が苦手である。逆に言うなら、欲望に関しては善悪は判定不可能であるという情景が好きだ。欲は善も悪も届かないところにあるのだ、という世界観が好きとも言える。人類の法整備の前から欲望はあったのだから法で縛るのはズルイよ、という切り口も思ったのだけれど、法整備前からあったものなんていくらでもあるので、法整備前からあったかなかったか、ということにより、法で縛るのが許されるか許せるか、を決めるのは、駄目か、って思い至った。
▼▼欲望の発生と、善悪の判定を、如何なる順番で見ているか、っていうことが、世界観や人間観を変質させ、道徳、説明、指示、などの形状も、変えてくれるんじゃないかと思う。定義や限界を変えてくれるだろう、と思った。
▼▼精神構造の中における「欲望の位置」を如何なるところに想定しているか、で、人間観が変わり、人を見る目も変わるだろうな、とも思った。欲望が倫理より奥まったところにあると見做した時に栄える人、欲望が倫理の影響下にあると見做した時に栄える人、というのが、ありそうだな、って思った。