真っ向から来られると唸る

▼▼なんとなく避けているところがあるから、立ち向おうとせず逃げているところがあるから、愚痴や不満ばかりになりそうなところがあるから、無意識に目を背けているところがあるから、意識的にサボっているところがあるから、けっこう誤魔化しているところがあるから、人様から批難や糾弾を受けうるだけの怠惰と愚行が読み取れるであろうところがあるから、でもって、つまらない気がするから──、しごとの話はあんまりしたくないぞ、とか思っているところがあるような中で、ここにはなんにもないな、とあまりに強く思ってしまっていて、しかし、最も実際的な話であり最も即物的な話であり、最も身近な話であり、最も切実であるところの、しごとの話を、書くがよいのだ、というかむしろ、書くべきはここだ、というようなことが、ここ最近読んでいた『ぼくらの文章教室』高橋源一郎、に書かれていて、うう、まあそうか……、ってなった(忌避してしまっているしごとについて、「書け」と指摘してくる言葉に、こんなふうに真っ向から出くわす日が来るんだな、と思った)(ひとの、それがなければ生きることができないもの、そこで生きるしかない場所、いま生きているそこ、について書かれた「文章」だけが、遥かに、力強く。遠くに、届くだろう、と謳われている。そこで生きるしかない場所に生きる人々、つまり我々、に、そういった言葉だけが届くだろう、と謳う)

ぼくらの文章教室

ぼくらの文章教室