『ラ・ラ・ランド』を観ました

f:id:meltylove:20170705100253j:plain
▼▼好きだ。図抜けて好きな映画であった、と言ってよいかは曖昧なのだけど、印象深さは色濃かった。おそらく記憶からは消えないだろう。想像の埒外から、突然、飛び込んでこられて、痺れるような快楽に溺れているような時、よりも、余程好きなんじゃないかなあ、という気もした。物語の流れに特別な軋みはなく、強い負荷もないまま、楽しく観ることができたと思う。でもって、素直とも言えるであろう物語の流れを素晴らしいものとして押し上げていたのが、音楽だった。音楽と映像の噛み合わせかたがほんとうに素晴らしかった。演出が好きすぎるぞ……、と思うことが多かった。驚くほど繊細な調整があるんだろうと思えて、驚愕する場面も、多々あった。創作活動に関する物語は基本的に好きなので、基本軸として、好き、と言えてしまうところもあったかと思うのだけど、とはいえ、繊細で華麗な音楽演出が、その好きさを、輝かしいものとして編み直してくれているところがあった。
▼▼ライアン・ゴズリング、かっけえなあ、と惚れ惚れしながら観ていた。主演二人が出会って親しくなるまでの会話や行動も大変好みだった。終幕間際の、夢見るところ、夢世界の演出、スゴイ、と思った。

「ラ・ラ・ランド」本予告