世界を整理するために、呼び名を沢山知っている

▼▼物事を認識した時に「思いつけた言葉/概念/付けることのできた名前」のレイヤー深度が運良く程良く同じであれば、綺麗に物事の整理が行えたりする、のでは? なんて疑問を、一昨日の日記執筆時に思いついた。▼▼ってことを踏まえて継続的に考えてみるなら、言葉やら概念やらを深度ごと/抽象度ごとに沢山知っている、ってことが、脳内整理に役に立つ? 難度の違いに繋がりそう? って思ったりした。
▼▼物事の呼び名を沢山知っていることで、同じ俎上に乗せて比較できる言葉同士に変換ができて、隙間や混線が起こらないように比べて、整理できる、ような案配かなー。