マルチポストのマナーから学び、同じ話を二度するのを避ける(嘘)

▼▼質問する場でのマルチポストは嫌がられる。同じ質問を複数の場所に書くとマナーが問われる。この行為自体が持つ問題、というよりは、以前からこういう行為を行ないがちな人らには問題があることが多かったせいで確率論的に忌み嫌われてる、なんて言える雰囲気があるのだと思う。▼▼って状況を知っているせいでブログとツイッターに同じ話を書くのを避けちゃうのかな、って発想した。けどまあたぶんぜんぜん嘘である。
▼▼ぜんぜん嘘の発想が出てくる──出てきうる──出てこれる、って思考の好き勝手さが最近は好きである。特に自己分析において、ぜんぜん嘘、明らかな勘違い、が「思いつける」のってスゲエなあ、とか思う。即座に嘘だってわかるのにとりあえず思いつける発想の/思考の飛躍の図太さが好き、とか言えるかな。楽しそうでよい。
▼▼口を開くとすぐに嘘や冗談ばっかり出てくる人、が、槍玉に挙げられていたのを最近見かけた。ってのを思い出した。普段は嘘や冗談を織り交ぜることあんまりないし、実際的な迷惑の話になるなら確かに駄目かもなので、難しいところだけど、文章を書く人、として見るなら、こういう「発想の枷」は外せている人間のほうが楽しい文章ものを書けそうだ、とは思える。▼▼思考自体は図太くて適度に調整してる、あたりが好き。