同じ話は二回したほうがよいのかもしれない、とか言ってたら混乱

▼▼ある一つの話題を一回しか伝えないのと二回は伝えるようにしているのじゃ後者のほうが当然伝わりやすいだろう。見逃される確率は低まる。最初の伝達の中で認識できてなかった齟齬があった場合も是正されうる。反復により記憶にも残りやすくなる。なんてふうに考えてみてた。▼▼あとまあ楽ちんなはずである。最初の試行錯誤よりは二回目以降の思考のほうが比較的楽ちん、と言える状況は想定できる。二回目だからこそ思考がより深まったり拡がったりもあると思う。おかげでより混乱する、もありうるとはいえ。
▼▼同じ話を二回することの効果を細かく見ようとしてなかったので、視線を改めた。以前は楽ちん付近の効果しか見えてなかったからなー。
▼▼楽ちんを避けようとして二回同じ話をするのを避けていた、みたいな型に押し込めようとしてる認識に近づけてるのに気づいた。が、勘違いや嘘の匂いがしてるので駄目出ししておく。▼▼単純に見栄張ってただけだろ、という言葉が浮かんで納得しそうになったけど、見栄……? 見栄? って思い始めて混乱している。確かに「楽ちんを避けようとしてる」のは見栄っ張りとしては妥当かと思えるけど……。納得できない感覚もいくらか残る。▼▼興味があって多様な話を聞かせてもらいたい人が、同じ話ばかりしてたら、違う話も聞かせてよー、って期待しちゃう、って経験の影響のほうがおおきそうかなあ。
▼▼妙に整理しづらい話題だなー。特に後半混乱しすぎだ。▼▼ツイッターとブログでは同じ話をしないようにしてるなあ、一回した話は避けちゃう癖があるなあ、ってことの背後を話してみようと思っただけで──試みてみただけで、ここまで混乱するかなあ。言葉にしてみたら嘘臭くて見えてくるもの、っていうの、文章の楽しみではあるけど。