発想力が歳とともに衰える、ってことがあったら好きじゃないので、回避策を与えてくれそうな学説とか好き

▼▼頭脳面における単純な処理速度は年若いほうが速いことが多く、加齢によって多少衰退したりもするけれど、概念同士を結び付ける型の思考の動きが熟練によって次第に巧みになっていくため、実際的な「思考面における衰え」はあまり気にしなくてよい、多少はスピード落ちるけど別種のテクニックの向上で補完できる。▼▼っていう思考と加齢の話は見かけてて、期待してる。勝手に前提にして過ごしてるところある。▼▼ただまあ、結びつきを閃くための概念、は、栄養として、普段から新しいものを摂取してないと駄目そう、とは思っちゃうかな。新たなものに学び触れる、は必須だ、って思っておく。思っておけるほうが都合がよいし。読書習慣を正当化してくれるのはよい、ってだけだけど。