初心、の見直し

▼▼踊らされて翻弄されて──夢中になりすぎて──快楽に溺れすぎて、まあ諸々の理由による視野狭窄で、初心を見失ってしまってて、初心を取り戻せたことで復調する、って物語が時々はあるけれど、まあ、まあまあ怪しんでいる。▼▼都合よすぎる、とは多少思う。初心に立ち返ることが毎回解決策になってたら世話ないぜ、って少し思う。ぜんぶがぜんぶ初心が解決してくれたら初心大事すぎるだろ、って思う。
▼▼けど。整理やら暗算やらをしてる最中に、混線して、頭の中がぐちゃぐちゃになってしまって、最初から改めて考え始めてみたら、二回目(以降)の処理でうまく回せる、と言える場面は結構ある。実際にかなりある、って言えると思う。▼▼物事を最初から辿り直してみることで気持ちが落ち着くのか回せるようになることってある、し、一回目の挑戦における敗北はあったにせよ一度は途中まで進んだ経験があるからこそ活かされて二回目以降でさらによくなることだって、あるかと思う。▼▼なんていう経験を「初心忘るべからず」って言葉の向こうに見るのはアリかなー、とか考えていた。
▼▼でもまあ、初心ばっかり、見てても──頼ってても、駄目、なのかな、とも思う。初心を乗り越えて次の段階に辿り着く、って場面だって当然あるはずだ。
▼▼難関や難敵を乗り越えて、うまく次の地に進むことができ、次の街にまで辿り着けたのなら、拠点は次の街に移すべきなんだろう、って比喩が浮かんだ。▼▼強敵に出会って苦戦したり道に迷ったりするたびに最初の街まで戻ってたら、時間が不足して、結局は前に進み切れなくなっちゃう、なんていう状態かなー、って思った。
▼▼最初の頃に抱いてた気持ちを思い出してみる、っていうのと、最初の頃の動き/やりかたを思い出してみる、っていうのに対する、混乱、というか、混同がある気はする。まあ、気持ち面の意識変化が動きを変えうるし、動きの変化が気持ちを変えうるから、認識が混ざってしまうところがあるのは避けようがない気もする、けど……。
▼▼初心を取り戻すことで、現状の心や躰について、最初の頃の心や躰に向けて、揺り戻しを掛けられる──多少はリセットできる、っていうのがあるんだろう、なんていう構造が今は頭に浮かんでいる。まあこれはありそうかな、利用できるだろう、そりゃ物語にも使えるなあ、なんて思い始めてたりもする。若干整理できたと言えるか。
▼▼暗算をやり直してみたらうまくいくことがある話、と、気持ちと身体を初期設定に向けてリセット掛けられる話って、なんか違う話では? ? 同じ?