雑学や理論や意見などの理屈を、出来事の流れの中で披露する時の生存率

▼▼エピソード記憶と意味記憶ではエピソード記憶のほうが記憶しやすい、っていう話がある。思い出せる光景と思い出せる辞書的な意味だったら前者のほうが記憶として強靱とか言える話だ。▼▼ってのを踏まえてふわふわ考えてたら、世界や人間やじぶんの挙動の描写しながら──生活や日常を描写をしながら、関連的に拓かれた発想を、随時挟んだり時々継ぎ足したりして文章書いてみせたほうが──具体的に世界が動いている光景の中に思索を置いてみせたほうが、抱いた発想一つを切開し整理して展示品のように開陳してみせるよりも、記憶に残りやすい気がするなあ、って思えてきた。
▼▼雑学や学術理論や意見、について、単体で見かけたものより、物語の中などで物語の流れとともに見かけたもののほうが、記憶に残ってるし、残る確率高かった気がする。