文章、日記、ブログを書く時の、負荷と縛り

▼▼研鑽/トレーニング狙いの場面における「負荷」に対する認識と、読み物/パフォーマンス狙いの場面における「縛り」に対する認識が、似ちゃっているせいで、混同してる雰囲気があるなー、って思った。じぶんの中では混ぜちゃってるところある。
▼▼読み物/パフォーマンス面における「縛り」認識の話は、完全に自由の状況だと人は逆に何考えてよいかわからなくなってしまいがちなので枠組みとなる決定事項や優先事項があるとよいよー、っていう話、と、経験則や美意識に即したコダワリがおのれの製作物の個性に繋がることがあるぜー、って話、に分けられるというか、混ぜちゃってる。
▼▼ってところまで書いても混乱が残ってるなあ。▼▼概念の整理の話、と、概念の取り扱いかたや注意事項と注意喚起の話、あたりを混ぜちゃってる雰囲気もあるし。