言語化論/ブログ論/日記論で書けそうな方向

▼▼ブログを書き続けることについて──、という話題が打ち出されていたようで、この論題について試行錯誤を重ねたり右往左往してみたりしていたのだけど、前提とする質問文によって書ける話が変わってしまうな、というのはぼんやり思った。比較的言葉を書き連ねたくなる質問と、ぜんぜん興の湧いてくれない質問が、あるかと思う。なぜブログを書くのか、なぜブログを書き続けるのか、は、異なる質問であったと思うのだけど、まあいずれにせよ、強い興味の出てくる質問じゃあなかったようだ。なぜブログを書き始めたのか、は、まあまあ書けた。▼▼ブログを書き続けることについて──、っていうだけの視界は、範囲が広すぎて困惑して終わった。
▼▼考えかたがオモシロイなー、って人に対し、ブログなりツイッターなりで言語化してくれているものがあるなら──思考と説明を開示しているような「場」があるなら、めっちゃ読みたいんすけど! って言いたくなってしまうよう時の(最初から芸術的活動のようなものをされていたら、見せてくださいよー、と言ってしまうけど)、勧誘というか誘い文句なら書けるかな、と思ったというか、言語化楽しいですよー、っていうのを伝える文章なら、比較的書きたいぞ、と、思ったりもした。