普段の日常と、人生って概念のもとで見つめる今と、もっと細かく達観してじぶんが求めるものをただ静かに求め得るような人生観のもとで見つめる今

▼▼世界観って言うと普段の視線が持ってる自然体の前提のようなものを指してる雰囲気が出て、人生観って言うと、じぶんの日々を「人生」という概念のもとで見た時の印象や前提を示しそうだ、って思った。
▼▼普段の眼差しと、人生ってものを踏まえた時の眼差しと、数ある人生の中でもこれはぼくの唯一つの人生でありぼくが満足できること以外は些細なことだと見做すことだって可能だろう的な、突き詰めた人生を踏まえた先で得た眼差しは、ぜんぜん違うなあ、って最初は思ったのだった。背景を拡げてみるだけでぜんぜん変わる、し、背景を緻密にすることで可動域や適不適を明確にしてみせることでさらに変わる。▼▼認識要素を増やした解像度の高い眼差しは、思いのほか負荷がおおきくて、常時起動はできなくて、普段は結局狭い背景のもとにおける眼差しに頼っちゃいがちなんだけど、まあでも、そういうのもある、と知ってるだけで選択肢が時々は増えたりするだろう。