脳内散歩

▼▼特にあてどなく近所を散歩する時のように、初めて見つけた横道や獣道になんとなく足を踏み入れてみて、新鮮や未知で遊んだりするような、朗らかで気ままな思索の道のりの旅の記録を、日記と呼んで残す、っていうの状況を、日記の理想的な姿の一つとして希望しちゃってるところはあるかな。日記を書くって行為が、複雑怪奇で興味深いじぶんの脳内を楽しく好き勝手に歩き回るもののようになってたらよいねえ、って思う。じぶん含めた人様の脳内を眺めてるの楽しいよう、って嗜好が相変わらずある。