複雑な展開を見せるひとつなぎのワンシーンの中、最も単純に見える一瞬の絵面を探して、そこだけ残しておく的な、思索の「瞬間」の残しかた

▼▼複雑な気持ち達が混線的に絡み合っている中から一つのシンプルな判断が誕生してみせることもあれば、極めてシンプルな前提を源流にしてるのに下流に向かうにつれて変に混合していって彩り豊かな気持ちの錯綜を見せてくれたりもする、なんて、対比するよう記述してみせているつもりでぜんぜんできてない気はする──うまいこと両極的に見せる対置ができてない気がする、のだけど、まあいずれにせよ、最近「時間も不足気味だししばらく一行日記で行こう」なんて思って実践していた間、裁断すべき過剰な言葉を洗い出し、凝縮すべき膨満した言葉を見つけるために、認識や判断や気持ちの中を、逐一、検証し直しながら、前提部や結論部や派生部の中をうろうろうろちょろしてるのは、素直に楽しかった。極めて新鮮な楽しさであった、なんて思う。▼▼思いを短い言葉で描けるよう残せるよう、思考と言葉の前進後退を加速したり巻き戻したりして、最も短く描けそうなシンプルな場面/段階を探すのが、楽しかった、なんて言えるだろう。