破綻した試行錯誤も読ませてくれたら嬉しい、と思いつつ

▼▼散々迷いながら書き進めて、理路をうろうろさせながら、まあまあ妥当かな、なんて思える雰囲気で、なんとか結論じみた言葉を置いた時に──置けた時に、ようやく逆側からの視点を持てて、あ、ここ隙があるわ……、ここ衝いたらたぶん崩壊するので、つまりここは言い切れないな……、ってなって、いやでもやっぱり違うなー、ってぶっ壊して終幕しちゃうような文章を、時折書くことがある。書き終えた時に陥ることがある。
▼▼破綻している試行錯誤を読ませてもらうのが好きだ、むしろじぶんの思考は試行錯誤の傷や破損の観測から始まってくれることが多い、あたりの判断は、ある。ので、最後に破綻してても公開しちゃったりするけど、破綻が最後じゃなく途中で起きてたら変に恥ずかしがって見栄を張って隠しちゃう時も多々あるので──実際のところ最後に破綻した時に「書き直すの面倒なので見せちゃえー」って思えてるだけってところもあるので、破綻に対する態度を見直してもよいのでは?、って思った。試行錯誤における破綻をちょっと舐めすぎ──軽視しすぎ、の帰来があるので、よくなさそう、と思ったのだった。▼▼破綻したら無駄な思考、とかぼんやり思っちゃってるの、おそらくよくない。
▼▼前述した「破綻した試行錯誤を読むの好き」とか「試行錯誤の破綻からじぶんの思考が始まるのでよい」あたりと齟齬が起きてない? ▼▼起きてるようで起きてない、というか、書きかた間違ってる。前述のような破綻を評価する気持ちがあるのに、恥ずかしさによって軽視しようとする、恥ずかしがって見栄を張っていることを隠そうとするあまり舐めてるスタンスを取り始める、のが駄目だ、って話なんだと思う……。▼▼というふうにこの文章は破綻してるね……。▼▼最後に実践してみましたー、みたいなの持ってきた雰囲気にしているけど、ぜんぜん狙ってなくて、単に普通に破綻してるからね……。まあ流石に論旨が論旨なので、破綻を隠そうとした見栄っ張り心理はひねり潰せたけど……。