道徳を守る心の四つ整理

▼▼昨日の日記はうまく心境の整理ができてないなー。整理を邪魔してる要素がありつつ見極めすらぜんぜんできてない。できてない気配がある。まあ見極めができてたら普通は整理もできてるんじゃ、って気もするけど……。理解の話と実践の話の切り分けは思考面の話だといつも迷っちゃうな……。
▼▼道徳にまつわる話が苦手だ、盲信を指摘する話が苦手だ、人生観を否定しそうな話が苦手だ、っていうあたりの要素が混線しながら混じっている印象がある、かな。▼▼要素三つまで切り分けできてたら別によいのでは……? って気もした。まあ四つ目もありそうだが……。▼▼細分化四つ目か見忘れ四つ目かによって駄目具合が変わるかな……。
▼▼比喩する。▼▼趣味で。っていうかピアノで、でできるかな。
▼▼強制的に、脇目も振らずピアノをやらされてきた結果、世で最も大切なのはピアノであると認識し盲信してて、世界の広さ等には目の向かない型、と……。
▼▼ピアノはじぶんの意志でやっているものの、楽しむとかではなく、苦労してでも無理してでもやる必要がある、義務だ、とか思いながら必死にピアノやってる型と……。
▼▼じぶんの意志で楽しみながらピアノやってる型のAタイプとして、好き過ぎて努力を努力とも思わず、苦労を苦労とも思わず、楽しみながら鍛錬/向上しちゃう型と……。
▼▼じぶんの意志で楽しみながらピアノやってる型のBタイプとして、技術や結果よりも楽しむこと優先のものとして、遊びとして、おもしろがるものとしてやってる型と……。
▼▼規則を守る、って行動において、この四つで比喩できないかな、って思った。
▼▼疑いもなく自明的に規則を守ってる心境、と、努力し無理し必要だと認識して規則を守ってる心境、と、規則を守ることが愉しくて無邪気に守れちゃってる心境、と、じぶんが楽しめる範囲で楽しめる限り規則を守ってる心境、なんて言える切り分けだ。
▼▼粗の匂いがまだだいぶするなあ。▼▼比喩としては嫌いじゃない雰囲気がある。