語り口を少し変えてみせるのもよさそう、って思うけど、案が一つだけなので、依存しそうで駄目かもと思う

▼▼判断話、解釈話、ばかりしてるけど、人生語り、と組み合わせたほうが、多少は文章が読み手寄りになって、読みやすくなるだろう、って認識が、以前からあって、けど若干狡い気がするからやらないぜ、って思ったりもしていた。情緒になぜか狡さを感じてるようだ、と、ずっと自覚していたのだ。▼▼けど、情緒に対しての不満じゃないなあ、ってふと気づいた。避けたがってたのは情緒ではない。▼▼読みやすさを意識して読み手に寄せようとした時に、情緒要素を足す、っていうことしか対策を思いつけていないことに対して、不満を持ってるのだ、と気づいたのだった。思いつける一つの策に頼って──頼り始めて、結果依存しちゃうことの、危うさを見てる。嵌まりそうでビビってる。せめて複数案がある中の一つなら、試してみてもよいし、駄目そうなら切り替えればよいし、まあまあ、視野を広く保てる気がする。でも現時点では駄目だ!みたいな気分である。
▼▼情緒要素を加味する、って案を、改めて細分化して、複数案に仕立てあげれば、実際のところは問題なさそうじゃない? 細分化は可能そうじゃない? とは思った。
▼▼思いつけている策略が一つだけの時は進軍を決定しない、みたいな傾向があるのかなあ。ありそうかとは思った。あんまり自覚なかった。
▼▼人生話の中に鋭い判断の話が組み込まれてる文章がすごく好き、っていう、好みや趣味の問題というか、参考資料の偏りというか、実際好きならいいのでは、とも思った。