未確定のまま満遍なく見回してみてたことで、ちゃんと見てました、って後味に出来ちゃう思考形態

▼▼推理小説を読んでいる最中、複数あるいは全員に対して「コイツあやしいなー」って薄く広く疑念を向かわせておくことで、事象の収束時に「やっぱりそうだった、いやコイツのことは疑ってたんだよー」って言えてしまう──別に嘘ではない(確かにまあ疑ってはいた)ので特に自己批判のようなものもなく思い込めてしまう、っていう思考形態というか目眩まし、改めてじぶんの普段の思考を見直してると、思ってたより様々な場所で頻繁に使ってて、コイツ危ういなー、って思った。▼▼って理路が既に微妙線上だ。
▼▼全面禁止は難しそうかな。完全排除を謳うのはだいぶ厳しそうだけど、管理や抑制なら不可能じゃない気もする。統制しようとしてる姿はまあ思い描ける、って段階ではあるけど、思い描けないことも多々あるし、まあ、相対的には可能寄りと言えるだろう。
▼▼最近まであまり強く気にしてなかった──自覚できてなかった心理でもある、し、現段階から改めて日常的に気にしておけるよう意識づけが出来るなら、駄目駄目……こういうのが危ういんだぜ……、って日々の中で繰り返し思わせることくらいはまあ可能になるかな、って思えた。▼▼ブレーキに足をかけながら起動させる癖、くらいは、おそらく付けられる。ブレーキングの巧さとかブレーキかけたところでとかもあるにせよだ。