マクロブログ論とミクロブログ論

▼▼ブログのアクセス数や動画の再生数が増えてくると、意欲の話や悶着の話の前提や雰囲気に、変わらざるを得ないところが出てくる。対象が群衆になることによる違いが確実に出てくる。構造的に個人を見なくなる。読み手ごとに合わせた緻密な論理や毎回の細やかなコメント返しやで人気が出たとしても、火が付いて大人気になっちゃったら、個々を丁寧に扱っていくのは難しくなってしまうだろう。当人が望んでても無理が出始める。まあうまくやる人もいると思うけど、うまくやれない人もいると思う。
▼▼ミクロ経済学マクロ経済学の違いってこういうのかなー、って雑に思った。