大貧民が当然と思ってる独善

▼▼大貧民ってゲームを話題に挙げる時に、大富豪って呼ぶのが自然な人もいるはず、と以前は注意して話してたのに、最近はぜんぜん意識しなくなってたー、ってことにふと気がついて驚いた。慣れて油断して注意が甘くなって忘れるってこういうのか……、独善の第一歩がこのあたりなのかな……、なんてあたりのことを考えた。▼▼以前までの認識状況だったら、話してる時に相手が「大貧民?」って表情を見せたりしたら、即座に違和を認識できて訂正を挟めただろうけど、現状だと、まあ若干危ういな。
▼▼なんてところまで気を遣うとかってちょっと無謀じゃない? っていう指摘が脳裡に浮かんだのだけど、無謀さを検証しててもぜんぜんしっくりこなくて、これって気遣いの話じゃないんだなー、ってわかった。気遣い問題とは見做せていない。▼▼聞き手側の相手と話し手側のじぶんの間にある情報の違いや主観性ってもの達をどの程度舐めてるかの話、なんてふうに言えそうかな。次第に舐め始めてるのに気づいたので驚いたし、改めて尊重しようと注意してみたとか、まあそのあたり。