具体的な話では繋げられても抽象化して語ると繋がりづらくなることあるなあ

▼▼抽象化の技術が下手だと、抽象時に想定してない範囲まで囲ってしまって、抽象語で論理を繋げてみた時に、この言いかただとこの実例まで話に混じってきちゃうなー、けどこの実例はこの説明だと不適合になっちゃうので混ざったら困るー、なんて思えてきたりして、結局論旨が整理しきれず、時には説明を諦めちゃうことすらあるので、巧いこと線引きしつつ抽象化できない話なのであれば、下手に抽象化せずに、具体的な話から説明を試みたほうがいいんじゃない? っていうようなことを、改めて思ったりした。
▼▼文章におけるある助言について思ったことを、助言一般に対するものとして書こうとしたら、理路が通るようにぜんぜん書けなくて、あーあ、と思ったのだった。