エピソードを陳腐に感じる能力

▼▼聞いてからの時間と聞いた回数による「対象のエピソードの脳内での馴染み具合および飽き具合」によって、対象のエピソードが「陳腐」だと思えてくることが、かなりの割合で、ある。▼▼繰り返し聞き続けていてもなぜか常に新鮮だと思えてしまう話題や切り口もあるので、違いを比較して、理由を見極められたら楽しいかな、とは思った。もしくは、おのれの胸中で新鮮と陳腐の境界線を形作っているもの、あたりの話も楽しそう。
▼▼陳腐に思えてきたからこそ次の段階や別の視座に歩みを進められる──飽きてきたからこそ、客観的に見ることができて──集中し過ぎることもなく足を止めることも目を逸らすこともできて、次に行ける、ってこともあるので、陳腐判定する気持ちの動き自体は否定しづらい。けど、非常に雑な気持ちで陳腐判定して「舐めてかかってる」ことも多々あるので、このあたりは制限したいかなと思う。
▼▼非常に素敵な格言や諺を舐めてる時あって、ウワー、って思うことが多いのだった。