好きな一文が書けてれば、よし、って読み直してる時だけ思うので、事前に思えるように備忘録

▼▼話題や視点に新鮮味を覚えられていなくても、新しさを覚えられる文章を一つ発生させられていたら、だいぶ満足できてる。新鮮と違和と納得の混合比が綺麗な文に、一つ手が届いていたら、単純に愉しめてる。
▼▼ここの楽しさってすぐ忘れるんだよなー。ゆえに目指せてない。ここに愉しみがある前提で執筆準備できてたら現時点よりは気軽に日記と向き合えそうだ。