じぶんで拓いた世界への気づきから「常識」に辿り着く快感

▼▼常識をぽこぽこ叩くことで脳内に響いてきた音色を思考と呼んでるぜ、なんてことを数日前に日記で書いたのだけど(いやそんな比喩だったか?)(むしろ「常識と戦う時の戦闘スタイル」こそを「思考」と呼ぶ、みたいな感じだった気がするが……)(それも少し違う気がしますが……)、独自の新鮮な気づきから出発して、整理してみたら、結果として「常識」に辿り着いた、って時も格別気持ちよいよなー、っていうのにも気づいた。
▼▼じぶんなりに曖昧な言葉を定義してみると、関連する(でもって形骸化していた)常識/一般論/定番/常套句が突然輝き始めることがあって──深く納得でき始めることがあって、ほんとうに強い快感があったりする。
▼▼世界を一回りして辿り着いた常識、は、経験によって基礎がしっかりするのか、接続が密になるのか、初見のものよりも肉厚になって、頑丈で堅牢で、防御性能も、時には攻撃性能まで、驚くほど向上する、みたいな印象を持っている。▼▼っていうのは「哲学が好きな心理」がかき集めた理屈かと思うけど、実感的にもだいぶ納得できてる。