雰囲気のとりまとめで文章を浮かび上がらせて、それを論理で繋げてる

▼▼同じような匂いや気配や手触りを持つ文章を、並列的に複数並べて、類似性や関連性からふわふわと論旨を浮かび上がらせて──やわらかく解釈させて、帰納させて、しかも浮かび上がってくる言葉と浮かび上がってくる言葉のおのおのが論理で繋がることで話を進めてたりする、みたいな文章が、非常に好きで、けど強敵だ、と思っている。
▼▼素敵な文章を見かけるたびに、構造を分析して、論理で分解して、理解が追いつく範囲まで降ろして、うまく真似して、可能な限り活かしてやる、精髄を獲得してやる、とか負けず嫌う癖がついちゃってるじぶんからしたら、厄介この上ない相手なのだった。
▼▼言葉にしづらいものは苦手だ、って文面が頭に浮かんだのだけど、別にこういう話ではないかな……。別に言葉にしづらいものに対して苦手意識ないし……。