内心わかってて反論しきれない駄目なところと、だから書いたけど治るかはわからない

▼▼日記に対する改善点指摘を様々想像してみた時に、こだわりのようなものを語り、制限を説明してみせて、だからぼくはこうしたいんですよねー、って言える範囲は、まあまああるのだけど、具体的な話をもっと混ぜてくれたほうがよいと思う、って系統の指摘に対しては、答えに窮するところがある。必要性を理解してて、別系統の必要性で潰せる理路もなく、つまり、サボってる自覚がある。具体的な話まで書き始めると時間がかかってしまうし、具体的事例を書くのがたぶん苦手なので時間かかっちゃう、あたりの回答は浮かぶのだけど、でもまあ書いたほうがよいよ、ってじぶんで思っちゃってるのだった。