書く時の制約と、制約に振り回され始めるのもよいとか言えちゃえないかな

▼▼文章を書くにあたっての制約や制限が出来ている。別に問題点や難点を強く訴えたいほどの不満はなく、改善や調整もしつつにはなるだろうけど、うまく回せてしまっているうちに無意識に強くしていってしまってる、って状況に対しては、まあビビってる。文章に制約があるのは、好きだしよいけど、振り回され始めたら駄目そうだ。
▼▼最初は判断して決断して──自覚して導入した要素が、次第に力を持ち始め、場を仕切り始めておおきな顔をし始めて、自覚なく振り回され始める、なんていう説話って、おおむね否定的に語られちゃうけど、だからこそよい、みたいな結論に繋げちゃえる視点や論点はないものかなー、ってのは思った。▼▼振り回される、が否定感持ちすぎではあるけど、まあ、換言はお好きに実施してもよいよ、という前提でである。
▼▼思うのは「自覚なく」と「振り回される」の難点は別々にありそうってことと、ふたつが組み合わさったら解決策は別になるかもってことかな。