頭回ってないと手癖で単語置いて嘘になっちゃってても気づけない感じかな

▼▼寝不足の時に書いた不満の残る文章を読み直してて、思った。寝不足で頭回ってないせいか知らないけど、勘違いや嘘や虚偽などが、意図せず言葉を置いてしまったことで文章の一部に発生していても──理路と周辺描写に汚い情報が混じってしまってても、認識が緩くて気づけなくて、でも、腑にも綺麗に落ちなくて、なんとなく嫌がっちゃう。とか言えるようなことが起きてるんじゃないかなー? ▼▼思考が深いとこまでうまく降りてゆかないよー、なんて言ってみたけど、一段上/一段下から視点を変えてみることで、怪しい記述を検査する、ってことができてないぜ、って嘆きだったのかなと思った。
▼▼執筆行為における「頭回ってる」がぜんぶこれだって話ではないけど、まあ、日記執筆時のじぶんがここを意識してる、重視してる、活用してる、ってのは、ありそうだ。