死ぬのはいいけど別れるのは嫌です、って言っちゃえる感じ

▼▼会者定離って言葉には不満を憶えるのに生者必滅って言葉ならまあ納得、的な──死ぬことは受け容れられてるけど別れは受け容れられてないってことになるわけだが死んだら結局別れることになるんだぞ、みたいな、認識を整理した時に出てくる齟齬、や、認識エラー、認識ミス、が時折あったりして、けど、繊細な細部の違いを見通して見透かして見据えてたりするせいでまるで同じものだとは受容できてないわけでつまり実際は認識エラーじゃない、みたいなこともあるかと思うし、確かに齟齬やエラーやミス、のようなものがあって、勘違いなんだかダブルスタンダードだかになってるにせよ、明確に受容や排除できてないからこそ、誤魔化し誤魔化し推進できてたり、あるいは、うまくブレーキをかけたりできてる、みたいなことも、あるんじゃないかなー、って思った。
▼▼死ぬこと=別れること、じゃないよ。死んでも別れない心持ちがあるよ。っていう認識の摺り合わせも、前述のあたりではあったりするわけだし、こういうのも含めてだ。