スキズキ調整

▼▼懐かしがるのが好物なのだけど、懐かしがりをあんまり進んで好んではいない型の人間と、あんまり進んで好んでるとは言わない型の人間がいる印象があって、あと、極端に嫌ってる型の人間はあんまりいない印象もありつつ、だからって稀とか思って軽視しちゃうのは危ういぞと思ったりもしていて、まあまあ気にしたり極端に気にしすぎて何も言えなくなっても駄目でしょーと考えたりしている。▼▼なんていう調整をしちゃってる時が時々あるようだ、ってふと思ったので、描いた。たまにあるのだ、ってことと、たまにしかないのだ、ってことを、描きたかった気がする。