矛盾してる存在、って結局人間内部で起きてるだけというか

▼▼日常の中で頻繁に実地検証を繰り返してきてはいて、まあまあ断言できそうな経験と統計の積み重ねはあって、普段の発言時ももう断言するかのような言葉選びになってしまうのだけど、目端が利いてなくて見逃しちゃってるところが実はまだあるのでは? って不安もわずかに残ってたりして、可能なら賢そうな人達に質問しておきたくなっている疑問や案件、っていうのがちょくちょくあるなー、と思った。
▼▼現実世界に矛盾した存在なんて結局ないんすよね? っていう疑問文を思った、というか、現実世界って囲い込みは雑過ぎるので、せめて「物理的な世界」あたりの言い回しになるかな……、でも「物理的な世界」も不明瞭だし……、このあたりも質問したくなるのはなる。まあ、矛盾に満ちた世界、的な表現に対する不思議があるみたいである。