人間まわりの抽象概念は毀誉褒貶激しい

▼▼深みに踏み込まず、歩き慣れたところだけ歩いてゆくように文章を書くと、かなりスラスラ書ける。満足ゆく文章にはぜんぜんなってくれなかったりするけど。
▼▼習慣という泥を削ぎ落としていった言葉を書きたいんだ、みたいなことを考えて、だけど習慣の中にこそ輝きがある──習慣こそが君を成している──排除しようとして排除しきれない癖を個性と呼のだ、なんてあたりの視線もあるよなあ、って思って、人間周辺の抽象概念の毀誉褒貶ってほんとうに思想と癖と気分と勢いと文脈の問題っていうか、褒め言葉と貶し言葉がどう出てきてくれるかってだけだよなー、ってことを考えていた。
▼▼笑顔を褒めたり貶したり、コミュニケーションを褒めたり貶したり、受動を褒めたり貶したり、主体性を褒めたり貶したり、嫉妬を褒めたり貶したり、人間が持つおのおのを心底褒めたりせめて褒めたり無理矢理貶したり無意識に貶したりしてる。▼▼頭の中に素敵に活用できてる風景が浮かべば褒めて、迷惑だった記憶や失敗例が浮かべば貶してる。