印象喩え技術

▼▼週刊少年ジャンプ/サンデー/マガジン/チャンピオン等々を読んでて、やっぱりおのおので違う匂いがするよなー、って考えたりする。違いを言語化にできるかな? って考えてみたくなる。▼なんていう、物事や現象を感得した時の肌触りや手触り、によって見分け聞き分けられる「共通性や差異性」を、ものすごく的確な比喩で語る人間に、っていうか思考型に、地味ながら酷く憧れてるところがある。あるなー、と思った。▼▼あの人なら的確なこと言いそうだ、って思っちゃうことの是非とかも、まあ考える。理想の過剰な押しつけは怖いし、でもまあ、期待感は使いかた次第、調整次第だろう、とも思う。