固定観念や印象論の微調整の鍛錬

▼▼人生ってのは××のようなものだ、って言い回しの適用範囲は広めだなー、ってよく思う。勝手に納得している。言うなれば、人生は何にでも喩えられる。出来不出来を問わないなら人生比喩大喜利は暇潰しにだいぶ素敵である、って思っている。▼▼っていうような「人生喩え劇」を行なう時に、比喩として当てはめる言葉によって、当然「人生」が違った姿で見えてくる。見えてくるだろう。▼▼観察者や執筆者の脳内にある前提情報が違うことによって対象のものが違う雰囲気を纏い始める──対象の印象が違うものとなって、結果として、判断だって変わってきてしまう、なんていう脳内が持つ機構を、この行動の取り扱いによってうまく鍛錬できないものかなー、と思った。構造を理解し、扱いに慣れて、巧く調整できたりしないかなー? なんて考えたりしていた。
▼▼固定観念気味のものが微妙に動く行動事例をもとに、操りかたを改めて憶えて、今後は操りつつやっていこう、って思えるような技術を育てる、ことを期待してみた。