神様や信仰や宗教にはまだなんかありそう

▼▼神様や信仰や宗教に関する話を、近似値や類似品の感情を使って比喩したくなることが多いのだけど、認識の隅で、近似する心の動きや類似する脳の働きで語ったとしても決して辿り着けない境地があるんじゃないかなー、なんて疑っているところがあって、結果的に、避けてしまう雰囲気になっている。▼▼この「神様や信仰や宗教にはまだなんかがありそう」って印象を抱いてるところが、神に抱いてる「何か」なのかなー。▼神様や信仰や宗教を前にして、人の心に、新しい「何か」がまだ生まれうる、なんて思えているとするなら、つまりそれは、人間を褒めてることになる? のかな?