一番生きやすい記憶の消え具合

▼▼忘却によって肩の荷が下りることがあるよなー、っていうのは明確に学んできたことの一つだ。忘れることで意識しないでいられるようになって、変に緊張せずに済んだり知らず知らずのまま気楽になれたりする。けど、忘れまくるのも困る。契約も約束も、注意事項も、後悔も反省も、忘れてしまってばっかりだと当然困る。
▼▼極めて生きやすい忘れっぽさ、っていうものがあるんだろうなあ、なんて、ぼんやり思ったのだった。心に刻んで気に留めて、意識して注意して、改善を試みていける、にもかかわらず、心を痛めて気に病んで、心配して憂慮して、頭を悩ませストレス蓄積、には巧いこと陥らずに避けられる、っていう才覚がありうる。▼▼鍛錬手法が不明稜すぎて改善目標にはできそうにもないけど、まあ、憧れるし羨ましいしとは思ったのだった。