精密な議論を積み重ねたあとの、これがつまり「●●(日常語)」です的

▼▼日常語の粗さや雑さが目について──鼻について、思考している場面ではあえて採用しなかったり勝手な狭めかたをして部品として使ったりすることが多いのだけど、粗さや雑さを逆手にとって──おおまかであるがゆえの柔軟性を巧く活かして、細やかで狭い定義と言葉で地盤をしっかり固めてから、最後の仕上げに日常語をかぶせてきて、精密な議論の収束をわかりやすい姿で見せてくる、なんて書き手が時々いて、ビビる。