一分だけ読んだ本の感想を、ちゃんと感想として扱う

▼▼所与の完結を目安にしすぎだよなー、って改めて思った。以前よりは間違いなく濃厚にそうなってる。切り取りかたを頼ってる、って言えるかな。最初から見えやすくわかりやすい切り取り線でしか切り取らなくなってる。
▼▼読書にしてもそうだ。読破したところで言葉にしよう──ぜんぶ読み終えてから感想書こう、なんて思う癖ができてる。読んでいる途中途中で、意識がなぜか留まって、突然思考が始まって、短い着想や閃きを得て、一言の言葉を抱く、みたいな、じぶんの思考の区切り──じぶんにとっての境界線、を、もっと重視してもよい。
▼▼物事に触れる一瞬一瞬を一つだと認識する。一つの出会い、とか誇張できる、かな。