ぱっと目を向けるだけ、と、いちおう蓋を一瞬開けるだけ

▼▼一秒思考するのと数秒考えるのってだいぶ違う。視線を向けて一見するのといちおう蓋開けてみるのがぜんぜん違うのに似てる。
▼▼蓋を開ける手間を無意識に惜しんでいたことで、物事の理解を誤解しちゃってることがあって、あとあと誤解に気づいて後悔することも多いけど、いつだって蓋までは開けよう、と決めて行動してたら、おそらく時間不足になったりしてくるんだろう。
▼▼って認識してみて正当性を謳ってしまうけれど、ほんとうに時間が足りなくなるかは微妙だ。時間の問題は解決できるような気もする。毎回毎回蓋を開ける程度の思考は行なうように行動を制御する、なんてところまで手を伸ばせるかのほうが危うそう。
▼▼結果として、程度問題で認識し始めてみせて、ぜんぶがぜんぶは無理にせよ、いちおう蓋は開ける型の「頭の動き」の比率を高めるようにしよう、なんて心掛けが出てくるわけだけど──掲げたくなっちゃうわけだけど、具体的にじぶんを調律するやりかた、まで辿り着けないとちょっと、っていうはよく思うのだった。
▼▼行動科学等々の知識を使って納得感の強い語り口を見せたいぞ、ってだけかも。